英語が普通に聞き取れるようになるための勉強法とは?

TOEICハイスコアレベルを目指すのであれば、普段から英語を聞き慣れる努力は必要です。

赤ちゃんがたくさんの語りかけによって言葉を少しずつ覚えるように、基礎的な英語力を身につけたからこそ、英語を普段からより耳にすることで確実なヒヤリング力が身につく勉強法ではないかと思います。

当然ですが、文字通り聞き流すだけでは何の効果も無く意味がありません。

聞いていないのと同じ状態ではなく、流れる英語をある程度は集中して聞き、理解できるよう努めることが重要なのです!

英語初心者とは違い、流れる英語にいちいち集中して聞き入るのとは違います。

どちらかといえば音楽を聴くのに近いでしょうか、だんだん自然に耳から入ってくるという感覚になれば効果的ですね。

ともかくある程度集中しつつ、毎日自然と耳に入ってくる内容の英語を選んで習慣づけましょう!

家事や通勤中、車内移動中の時間も利用して効率良く英語力を強化していくのです。

こうした隙間の時間を利用することで、確実に英語の学習時間を確保することができますし、まとまった時間で考えるとかなりの時間になります。

そこで、今話題の石川遼君もおすすめ「スピートラーニング」に注目です!

石川遼君もお父さんにすすめられたのがきっかけだったそうですが、聞き流すだけでOKというキャッチコピーが気になりますよね?

本人もスピードラーニングを利用しているうちに、海外の選手とのコミュニケーションや海外での大会に落ち着いて参加出来たと絶賛しています。

細切れの時間を有効に利用するための勉強法の一つとして、今やっている英語学習にプラスしてはいかがでしょうか?