ハイスコアを目指すための勉強法「ディクテーション」とは?

TOEICでのハイスコアを目指しているみなさんに役立つ「ディクテーション」という英語の勉強法をご紹介します。

ディクテーションとは、聞き取った英文を書き取るという至ってシンプルな勉強法で、耳に入る英語をどれだけ正確に聴き取れているかヒヤリングが鍛えられます。

同時に流れる英語を聞き取ろうと集中しますので、おのずと集中力も高められる効果もあります。

ディクテーション後の答え合わせで、どの程度自分の英語力が向上しているか試せると同時に、単語やフレーズの発音も確認することができます。

このディクテーションは量をこなすことによって、知っている単語やフレーズの発音をより増やして、結果的に聞き取りミスを減らします。

より効果的にディクテーションを行うためのポイントですが、必ず自分の英語力レベルでの教材を使用しましょう!もしくは、少しだけ上のレベルでも構いません。

ですが、あまりにもレベルが違い過ぎる、または簡単すぎる教材ではディクテーションの学習効果を最大限に発揮することが難しいからです。

では、具体的にどんな内容がおすすめかというと、ある程度流れよく読むことができる英文で、しかし聞き取りでは完璧にいかない程度の教材が良いでしょう。

あまりにも聞き取りにくいレベルですとやる気が失われかねませんので、自分の英語力を基準に少しだけ上下するレベルでの学習が丁度良いのではないでしょうか?

ディクテーションには時間も集中力も要しますが、TOEIC用に英語力を強化するには抜群の勉強法だと思います。

また、シャドーイングと一緒に学習すればさらに効果的ですし、英語力アップの効率化を図ることができると思います。