TOEICの勉強をするために最も大事なこととは?

中学受験から始まり高校受験に大学受験、資格試験など試験勉強や仕事に必要な技能試験まで、高いモチベーションを持つことは学習における集中力を維持するのにとても大切な役割があります。

もちろん、TOEICの試験勉強でもモチベーションの維持が重要なわけですが、画期的な方法があるとしたらどんな方法だと思いますか?

それは「1,000時間の学習」です!

英語の勉強においてよくヒヤリングの重要性が強調されますが、同様に1,000時間英語を聞き続けることで溢れるように英語が話せるという話にも納得です。

生後から言葉のシャワーを浴び続けた赤ちゃんが片言からどんどん色々な言葉を話せるようになってく過程に似ていますよね?

また洋楽が好きで四六時中聞き続けていたら、いつの間にかヒヤリングが得意になったという方もおられます。

事実、TOEICで高いスコアを出す受験者や「ヒアリングマラソン」(英語学習出版社アルク)という通信講座も1,000時間以上の学習をターゲットとしています。

1,000時間の学習というと、かなりまとまった時間なので表わされるとちょっと尻込みしてしまうのが本音ですが、1日の学習時間で年間にならした効率的な時間配分では、1日の学習時間を約2時間として年間730時間と残り270時間つまり135日とすれば、毎日2時間の英語学習を約1年半の間、頑張ればいいということになりますね!

その1,000時間の学習つまり約1年半を英語学習における成果が表れてくる目標として設定することで、モチベーションの維持を図れると思いますので断固たる意思で学習を進めて欲しいと思います。